遺産争族 第2話の視聴率が初回より下がった理由

遺産争族 第2話の視聴率は10.5%でした。初回の視聴率が14.2%でしたから、かろうじて二ケタ視聴率は維持したものの、3.7%も下がってしまいました。

一体どうしてでしょう?

ひとつには主演の二人 育夫(向井理)と楓(榮倉奈々)は初回で結婚式までいってしまいました。二人が結婚するという一大イベントを初回で済ましてしまったので、どうしても第2話は話が小粒になりました。

第2話のメインテーマは育夫が河村家に婿入りした本当の理由ということでしたが、「楓を幸せにするため」ということで大変結構なことではありますが、ドラマ展開に巨大インパクトを与えるほとではありませんでした。

むしろ、育夫はお金は1円もいりません、などと口では言っているけれど、実は腹の底では自分が開業するための資金を出してもらいたいと思っているとかがあれば、意外性があって視聴率が高かったかもですね。でも少なくとも第2話までは育夫はとてもいい人で遺産を狙っているような人ではなさそうです。だから、オドロキがなく、視聴率ものびないのかもです。

第2話のそのほかのエピソードもこれといって目新しいものではなく、インパクトがなかったので、視聴率の数字が高くなかったのだと思います。第2話では楓の元夫という人物も登場しましたが、ちょっと出てきただけで、ドラマにそれほどの影響はなかったです。楓も今回は存在感がイマイチでした。

初回は導入部で視聴者の興味もあり、初回限定で放映時間も長いので視聴率が比較的高くなりやすいのでしょう。第2話以降が本当の視聴率といえるのでしょう。

私は第2話も面白く見られたけど、初回ほどではないと感じました。そう思った人も多いのではないかと思います。

第3話以降、育夫の正体が露見するとか(実はいい人ではなかったとか)、河村家の人たちがもっと極端に遺産を狙ってドロドロするとか、おもしろい展開になってくればもっと視聴率も上がるのではないでしょうか?

遺産争族の主人公は育夫ですが、楓ももっと個性をだしてほしいです。榮倉奈々は「図書館戦争」の映画にでている位で男性的で強いイメージがあります。楓はそういうキャラではないのかもしれませんが、楓の存在感ももっとほしいですね。

遺産争族の主題歌です♪


ラブとピース! /夢題~遠くへ~

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加