激安オムニ家電~日経Trendy 2016年ヒット予測

日経Trendyの2016年ヒット予測第2位は「激安オムニ家電」です。

2015年はまだ、家電とネットサービスが連動していません。

例えば シャープのともだち家電 冷蔵庫SJ-TF50B では以下のことができますが、ネットサービスには連動していません。価格も高いです。

1.冷蔵庫とお話ししながら、使い忘れや重ね買いを防げる。
2.期限が近づくと、使うようにお知らせしてくれる。
3.使いたい食品をつぶやくと、メニューをおすすめ。
4.(スマホ用アプリを使って)冷蔵庫が覚えた食品を細かく管理。外でも見られる。
5.(スマホ用アプリを使って)留守番している家族に音声メッセージを伝えられる。

しかし、2016年にはIoT家電とネット通販が一体化して、商品購入を条件に家電が激安になるのです。ネット通販等が集客目的で一定のコストを負担するため家電が安くなります。
(1) その筆頭候補は 2016年に発売される 冷蔵庫 AQUA「DIGI」(ハイアールアジア)です。
扉が液晶画面になっており、アンドロイドOSで動きます。冷蔵庫は常に電源が入っておりパソコンを起動する必要がなく、手軽にネットサービスが使えるのです。

AQUA「DIGI」のメリット

1.ネットスーパーと提携し、その場で食材を注文できる。お薦めのレシピも配信。将来的には冷蔵庫の中身の在庫管理サービスと連係し、自動発注も可能に。

2.特売やゴミ収集日など生活情報が配信され表示される。

3.ファッション通販と連係し、バーチャル試着して購入できる。
DIGIのディスプレイは32型2枚と巨大。カメラがついていて全身を映し出せる。

(2)コーヒーメーカー

コーヒーが沸くとスマホに通知されます。有料コンテンツや通販サイトへの誘導が狙い(実装実験中)。マシンが無料で配布される可能性もあります。

IoTとはInternet of Thingsの略で、IT関連機器以外のあらゆるものがインターネットに接続されることを指します。

家電が安く買えるのはうれしいですね。激安オムニ家電は価格が安いだけでなく、生活が便利になります。2016年のオムニ家電に期待しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加