セルロース・ナノ・コスメとは何か? 日経TRENDY 2016年ヒット予測

セルロース・ナノ・コスメは日経TRENDY 12月号の2016年ヒット予測のベスト4です。日経TRENDY 12月号から引用してまとめました。

★セルロース・ナノ・コスメとは一体なんでしょうか?

セルロースナノファイバー(CNF)を使用した化粧品のことです。

★ではセルロースナノファイバー(CNF)とは何でしょう?

セルロースナノファイバー(CNF)は、木材繊維(パルプ)から繊維径(太さ)わずか3ナノメートルの「セルロースミクロフィブリル」と呼ばれる繊維を取り出して、シート状や液体状に加工した材料のことです。(ナノメートルは10億分の1メートル)

東京大学の磯貝教授(「森のノーベル賞」マルクス・バーレンベリ賞受賞)らは、化学反応を使ってセルロースミクロフィブリルを効率よく取り出す方法を発見し、CNF量産化への道筋をつけました。

★CNFの特徴(日本製紙グループのHPより)

1.軽くて強い
2.超極細の繊維(繊維幅約3nm)
3.比表面積が大きい
4.熱による寸法変化が小さい
5.ガスバリア性が高い
6.水中で特徴的な粘性を示す
7.環境にやさしいバイオマス素材

★CNFの応用

将来は樹脂や金属に代わる材料として、クルマや飛行機のボディへの応用も期待されています。フィルター部材、高ガスバリア包装部材、エレクトロニクスデバイス、食品、医薬、化粧品、ヘルスケア分野への応用も期待されています。

★日用品への応用例(2015年)

●三菱鉛筆がCNF使用の書き味のよいボールペンを海外で発売。
●日本製紙クレシアがCNFで消臭性能を付加した紙おむつを発売。

2016年、CNFの用途として最も期待されているのが化粧品です。

★水に溶かしたCNFの特徴とそれを応用した化粧品

1.他に類を見ない粘性
濃度1%以下でも静止時は固形に近いゲル状だが、圧力を加えたり、振ったりすると一気にさらさらの状態に戻る(チキソトロピック特性)。

これを応用すれば→→さらっとスプレーできるのに、肌の上ではしっかり定着する化粧下地や、吹き付けるだけで保湿成分をしっかり定着させる「スプレーする美容マスク」も作れる。

2. 分散・安定性
CNFは水中で他の成分と絡み合い、均一に分散する。

これを利用→→ダマにならないリキッドファンデーションや日焼け止めが作れる。
日本製紙などの大手製紙メーカーや第一工業製薬などの原料メーカーはすでに量産体制を整えています。

2016年 CNFを使った化粧品セルロース・ナノ・コスメに期待しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加