乳酸菌チョコレート 日経TRENDY 2016年ヒット予測

乳酸菌チョコレートは、日経TRENDY 12月号 2016年ヒット予測の第13位でした。

この商品は2016年といわず、すでに出回っていますね。

ロッテの「スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ」は植物由来の乳酸菌を練り込んだチョコレートです。

★味は? 一般的なチョコレートと全く変わりません。

★菌の生存率は? 油脂が菌を保護する役割を果たすので、腸内での菌の生存率が高いです。

ロッテが着目したのは、朝食の欠食率が高止まりしていうという厚労省の調査結果。乳酸菌の宝庫であるヨーグルトなどは朝食時に摂るのが一般的なので、朝食をのがすと乳酸菌を定期的に摂るのがむずかしくなります。

「乳酸菌ショコラ」なら手軽に持ち運べて、いつでもどこでも乳酸菌を摂れます。「適時食」になるのです。常温で食べられて、賞味期限も1年以上と長いのもメリットです。

乳酸菌を手軽に摂りたい人、便秘の人や花粉症の人には響く商品でしょう。

チョコレートといえば、カカオにも機能性があります。血圧降下や認知症予防などです。
原料メーカーもロッテより早く動いていて、セティ(機能性の食品原料の輸入・販売)は乳酸菌だけでも30種類以上を扱っています。最近食品メーカーからの問い合わせが増えています。100℃の加熱にも耐え、製菓用に適した乳酸菌は菓子メーカーに売り込みをはかっています。こういう乳酸菌の原料を使ったチョコレートを、他メーカーでもだしてくる可能性が高いです。

カカオと乳酸菌という2つの有力な機能性素材を使った乳酸菌チョコレートが2016年、菓子売り場の主役となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加