釣りバカ日誌 新入社員浜崎伝助 第7話のあらすじ ネタバレ

釣りバカ日誌 新入社員浜崎伝助 第7話のあらすじ ネタバレです。

前回、昌之(駿河太郎)は一之助(西田敏行)が電話で頻繁に連絡をとっているのは女ではないと確信し、謎の人物“X”が誰なのか突きとめるように専務の貞松(佐戸井けん太)に命じた。

昌之は“X”が伝助(濱田岳)とは知らない。一之助は自分ではなく“X”に鈴木建設を継がせようとしているのではないかと疑いを持つ。

鈴木建設を自分が継げる道筋を作るため、昌之はタマヤ開発の元社長・矢田秀一(小野武彦)に接近する。大規模事業計画を自分の力で勝ち取るためだ。

矢田は大の釣り好きだと知り、昌之は矢田の機嫌をとるために“釣り接待”を計画した。昌之は伝助に近づき、接待への同行を頼んだ。伝助は同行し、昌之と矢田と釣りをするが・・・。

伝助はひょんなことからみち子(広瀬アリス)と二人きりで食事に行くことになる。しかし、なぜか泥酔してしまう。

謎の人物“X”が伝助とばれてしまうのか?

“釣り接待”はうまく行くのか? それともハプニングが昌之をおそうのか?

せっかくみち子と二人きりの食事の機会がもてたのに、酔っぱらってしまった伝助。二人の仲は進展するのか?

第7話もお楽しみ(^^♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加