5→9 ~私に恋したお坊さん~ 最終話のあらすじ ネタバレ

5→9 ~私に恋したお坊さん~ 最終話のあらすじ ネタバレです。

★ELAでは

桜庭潤子(石原さとみ)は、星川高嶺(山下智久)と別れることになったとELAのメンバーに報告する。それを聞いた清宮真言(田中圭)は、潤子に復職するように言い、潤子もそれに従うことにする。

★一橋寺では

高嶺は足利香織(吉本実憂)と結婚することを決意する。星川ひばり(加賀まりこ)はさっさとその日取りも決めてしまった。

★桜庭家では

元気のない潤子を励まそうと、家族は必死になる。するとそこへ合鍵を返しに高嶺がやってくる。高嶺は潤子と別れたと言うのだ。家族はショックを隠せない。そのことに納得がいかない潤子の父桜庭満(上島竜兵)は、高嶺を追う。だが目を真っ赤に充血させた高嶺を見て、高嶺に核心をつく話ができない。

★再びELAでは

潤子と高嶺を仲直りさせようと、山渕百絵(高梨臨)や木村アーサー(速水もこみち)たちが、活動し始める。潤子が「高嶺に手料理を食べさせられなかったのが心残りだ。」と言うと、潤子に弁当を作らせ、一橋寺に潤子を連れていく。

★再び一橋寺では

寺に着いた潤子が戸惑っていると、ちょうどそこにあいさつ回りを終えた高嶺と香織が帰ってきた。

潤子を見た香織は一礼するとその場を立ち去った。潤子は残された高嶺に弁当を差し出すが、高嶺は一言も言わずに行ってしまう。
そこに現れたのは星川天音(志尊淳)。事情を察し、潤子の弁当を食べ始める。潤子は食べられないままの弁当を持ち帰るのがいやだった。だから天音が食べてくれるのに感謝して帰っていく。

入れ替わりに高嶺がやってくる。天音は高嶺に弁当の残りと、そこに添えられていた潤子の手紙を差し出す・・・。

★ここからは勝手な予想です。

高嶺は潤子の手紙を読み、心が動く。本心は潤子を嫌いになどなってなかったのだ。香織を愛しているわけでもない。

香織は高嶺と結婚できることに喜んでいたが、高嶺が自分を愛していないことを結局は許すことができない。自分は高嶺が好きだが、高嶺はそうでないので、幸せにはなれないと気づく。

香織の決心によって、ひばりの固い心も動かせて・・・って、そううまくいくわけないか!?

とにかく高嶺と潤子は最終的には結ばれる。それにはあるきっかけが必要で、事件ともいえるある出来事があり、ひばりの頑なな心も変わることになる。

高嶺は結局は住職も潤子も得ることができるのだ。ってなわけないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加