フラジャイル 第5話のあらすじ ネタバレ

フラジャイル 第5話のあらすじ ネタバレです。

宮崎智尋(武井咲)は自分が病理診断した結果を女性外科カンファレンスで発表するように、岸京一郎(長瀬智也)から指示される。

宮崎は自分の診断結果を初めてカンファレンスで発表するので気合が入る。しかし女性外科の細木まどか(小雪)に「それは楽しみだ」とからかわれると、宮崎は「緊張するのでやめてください。」と頼む。宮崎は小さい時からあがり症で、子供の頃のピアノ発表会でも緊張したのだった。

ピアノということばを聞いて思わず反応したのが、佐田直人(津田寛治)。ピアノができる人と思われ、宮崎は院内コンサートの出演スタッフにされてしまう。

そんなある日の夜、森井久志(野村周平)が帰ろうとすると、小早川洋行(安田章大)という患者に会う。小早川はこれから腫瘍内科に入院するところだった。でも森井は違和感を覚える。入院なのに小早川は笑顔だったからだ。

腫瘍内科に入院後、小早川は主治医から緩和ケア科への転科をすすめられ、承諾する。実は小早川は余命宣告された患者だったのだ。

翌日小早川のことが気になった森井は岸に小早川のカルテを見せてもらう。岸による病理診断でも、小早川は治癒が望める病気の状態ではなかった。

宮崎も話を聞いて、小早川が自分や森井と同年代なのを知り動揺する。

小早川のカルテを見ていた岸は、ある抗がん剤を試していないことに気づく。
それを聞き、森井は興味を示すが、宮崎はその抗癌剤は特定のがんにしか効果がないと言う。また、その薬は保険が効かないので大変高価だと岸が補足した。

買い物にでかけた森井は、再会した小早川と一緒に出かける。小早川は、人生でやり残したことはないが、ただひとつ、音大に入り作曲したかった、と話す。それも今の状態では無理と諦める小早川に、森井はある提案をする・・・

☆ここからは私の勝手な予想です。

小早川は試していなかった抗がん剤を試してみて、それが劇的に効いて回復する。そして音大に入って作曲するという夢をかなえるための一歩を踏み出す。

そんなにうまくいかないかな??

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加