ダイエットヴィレッジで使用 レブナマスクとは?

11月11日の日本テレビ系でダイエットヴィレッジを放送していました。

これは合計体重892kgの太めの男女8人が1か月合宿して、合計100kgの減量を目指すという番組です。

男性3人女性5人が1か月の共同生活をしながら、毎日トレーニングに励みます。もともと太めの方ばかりなので、運動はかなり苦手じゃないかと思います。ところがトレーニングはかなりハードです。初日は有酸素運動のエアロバイクから始まって、無酸素運動のウエイトトレーニングをやります。

毎日毎日すごい運動量です。マシントレーニングはもちろんのこと、登山をしたり、プールで泳いだり、砂浜でよつんばいになって動いたりもします。エアロビクスをやったり。もちろんウォーキングもします。

元々体重がありすぎる人は、まず食事制限である程度痩せてから運動するのだと思っていました。

ところがダイエットヴィレッジでは全然違います。もちろん食事も専門の栄養士が作った低カロリーのメニューを食べるのですが、やせる手段は運動がメインのようです。

飽きないようにという目的もあるのでしょうが、ありとあらゆるトレーニングをします。そして あと3日で合宿も終わるというときに登場したのが最終兵器、レブナマスクです。

これは息を吸うのは鼻からだけ、息を吐くのは口からだけ、に制限したマスクです。酸素量を制限することにより、高地トレーニングと同じ効果が期待できるのです。

マスクをするだけなのでとても手軽ですよね。高地トレーニングのための大がかりな設備もいらないのです。

8人はレブナマスクをつけてトレーニングしていました。酸素が制限されるということでちょっと苦しそうでした。

レブナマスク

8人は1か月のトレーニングで無事合計100kg痩せられたのでしょうか?

私は無理だと思っていましたが、見事マイナス100kgやりとげたのです!8人は賞金100万円も獲得しました。よくがんばりましたね。わずか1カ月で一人当たり平均12.5kgも減量できたのですからたいしたものです。

1か月の合宿を終えて、もともと体重がそれほど重くなかった人(100kg未満の人)は、ほとんど標準体重にまで痩せた人もいます。でも元の体重が100kg超えの人はまだまだ痩せる必要があるでしょう。この合宿が痩せるよいきっかけとなって、痩せる努力を続けていただけたらと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加