家族ノカタチ 第4話のあらすじ ネタバレ

家族ノカタチ 第4話のあらすじ ネタバレです。

☆葉菜子と和哉

ある日、自宅にいる葉菜子(上野樹里)の携帯へ、元夫の和弥(田中圭)から電話がかかってくる。直接話がしたいのでマンションの下まで来ているというのだ。葉菜子がベランダから下を見ると、和弥が階下に立っていた。葉菜子が下に行くと、和弥は「もう一度やり直したい。」と迫るが、葉菜子は聞く耳を持たない。断固拒否する。律子(風吹ジュン)と、大介(香取慎吾)と陽三(西田敏行)も二人のやり取りをみていた。

二人の離婚の原因は何だったのか?結婚生活に何があったのだろうか?

☆大介と和弥

大介は和弥に「葉菜子につきまとうな」と言うが、和弥は「好きなんだから仕方ない。」と開き直る。

「こんなところで待ち伏せして。」と大介は和弥をせめる。
また、大介は和弥から「葉菜子が好きなんでしょ。」と言われてしまう。

☆莉奈と大介

和弥が葉菜子に会いに来た夜、合コンで大介のことが気になっていた葉菜子の部下の田中莉奈(水原希子)が、突然大介の部屋を訪れた。大介が留守なのをいいことに、陽三は莉奈を招き入れた。莉奈は陽三に大介の趣味や好きなものを聞きまくった。

大介が莉奈に「好きなの?」と聞くと莉奈は元気よく「はい」とこたえた。

☆佐々木と大介と入江

莉奈が大介を尋ねた翌日、大介が出社すると、佐々木(荒川良々)が婚活パーティーに行こうと誘う。申し込んでいたから皆で行こうと、大介と入江(千葉雄大)にいうのだ。大介は佐々木と一緒に行ってやれと入江に言う。

ところが、重大な事実が発覚する。

入江は妻帯者だったのだ! 「籍を入れただけですから」と。

陽三は「式をあげろよ」と言うが・・・。

☆ここからは私の勝手な予想です。

莉奈から好意を示され、また和弥から「葉菜子が好きなんでしょ。」と言われてしまった大介は、葉菜子のことがだんだん気になっていることに気づく。

このドラマも徐々に大介と葉菜子の恋の始まり、発展へと進むのではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加